若返りを目指すイカの塩辛の摂り方

ikasiokara

イカの塩辛で若返りを狙うなら効率良く摂ることが理想!

イカの塩辛が若返るためのポイントに繋がる食材ということは、ご存知かと思います。

そこで効率良く若返りを目指すためにも、イカの塩辛を毎日美味しく食べる方法を紹介したいと思います。

まずイカの塩辛を用意します。

この時に空気が入るように、イカの塩辛を開封後、10回程度かき混ぜましょう。

空気を含みながら混ぜることで、倍以上の発酵食品のアミノ酸量を増やすことが可能です。

イカの塩辛で若返りを狙う場合は、食べる前にかき混ぜることを覚えておきましょう。

そしてしっかりとかき混ぜることができたら、少量のレモン汁を塩辛に加えます。

レモン汁の量は、イカの塩辛30gに対して、小さじ3分の1、2ccくらいの量が理想です。

味付け等で気になる場合には、微調整を行っても良いです。

このようにレモン知るを加えることで、ビタミンCを加えることになります。

美味しく栄養価を高めるためにも、しっかりとレモン汁を加えましょう。

またレモン汁は、市販のレモンの液体タイプのものでも良いですが果実を絞って使うことも良いです。

より効率よく豊富な栄養を入れたい場合でしたら、果実を入れることをおすすめします。

しかしレモン果実を絞る場合、しっかりと鮮度の高い果実を入れるようにしましょう。

古いものや使い残りの果実は、栄養価が下がってしまっている場合があります。

注意をすることが大切です。

イカの塩辛を若返りのためにアレンジすることも良い

イカの塩辛で若返りを目指す場合。

できるだけ毎日、イカの塩辛を食べなければいけません。

イカの塩辛自体が好きな場合は、特に毎日そのまま摂ることに苦痛を感じないかと思います。

しかし、苦手な場合や毎日摂ることに飽きてしまった場合。

どうしてもイカの塩辛をアレンジすることが長続きをしながら食べるポイントになります。

そこで日々、イカの塩辛を摂りながらアレンジ料理を考えていくことも大切です。

美容のためや若返りのために、イカの塩辛を摂る場合は、やはり毎日摂ることが大切です。

アレンジ料理を思いついたら、メモを残し実践をする習慣をつけてみることも良いでしょう。

楽しく続けるためにも、レシピを考案していくことも良いです。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【美味しい発酵食品】トップへ