醤油の塩分

醤油は塩分が意外と低い

kyd_666230_shutterstock_69256501

醤油は塩分が高いと思われがちです。しかし実はそのようなこともありません。

1gで比べてみても、濃口醤油でも約0.14gなのです。

このようなことからもわかる通り、意外と醤油は塩分が低いものです。

とはいえ、醤油は直接飲むことが良い食材ではありません。

直接醤油を飲み続けてしまえば、身体にはもちろん悪いものです。

絶対に醤油を直接飲むような真似はしないようにしてください。

醤油は塩分が低いからといって摂りすぎは禁物

醤油は塩分は、決して濃い方の食材ではありませんが摂りすぎてしまえば意味がありません。

例えば醤油をそのまま食べ物にかけて食べてしまえば、醤油の塩分が多くなってしまい、結果的には塩分過多な状態になってしまう可能性もあります。

余分な塩分を摂ることは、老廃物の蓄積を増やす以外に健康を害するリスクをあげてしまうことや身体の老化を進行させることがあります。

これ以外にも身体にとっては悪影響なことが多く、塩分を過剰摂取しても良いことの方が少ないといえるでしょう。

醤油で塩分を摂りすぎることは、もちろんなるべくいろいろな食材から塩分を過剰に摂取することは避けるようにしましょう。

また余分な塩分を排出するカリウムや食物繊維を含む食材もなるべく多く摂ることができるようにすることが大切です。

いろいろな食材を摂る時には、しっかりとそういったバランスも考慮して摂るようにしましょう。

醤油は塩分があまり高くないからといって、他の調味料同様にかけすぎてしまったり、使いすぎてしまったのでは意味がありません。

マヨネーズなどの食料同様に、醤油も摂りすぎてしまえば、太りやすくも健康を崩しやすくもなってしまいます。

意味がない摂り方はせずに、しっかりと適量を守った摂り方をするようにしましょう。

醤油も他の食材や食料と同様に程よい使い方をしなければ、結果的には健康に良い食材だったのにも関わらず、身体に悪い影響を及ぼす食材になってしまいます。

身体に悪い影響を及ぼす食材としての利用をしないためにも、しっかりと正しい目安量のみを摂るようにしましょう。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【美味しい発酵食品】トップへ