味噌でコレステロールを下げる

味噌はコレステロールを下げる魔法の発酵食品

2006_0214

味噌に含まれている、ビタミンE、植物性ステロール、食物繊維、タンパク質、レシチン、サポニン、リノール酸などには、コレステロールを下げる効果が期待できると考えられています。

特に味噌の原料となっている大豆に含まれている成分には、コレステロールの上昇を抑制する効果も期待されています。

これは、高カロリーで塩分の豊富に含まれている食材やコレステロール値を大幅にあげてしまう食材を食べる時に味噌を同時に摂ることで、コレステロールを抑制することができるということでもあります。

また大豆の主要構成タンパク質のひとつである成分が、血中の中性脂肪を低下させる働きがあることも研究により判明しました。

これは、味噌を摂ることでコレステロールを下げる効果を得ると同時に太りにくい性質を兼ね備えることもできると考えられるのです。

コレステロールの問題にも味噌は役立つ!

成人病の代表であるメタボリックシンドローム。

通称メタボと呼ばれている、これらの病には、コレステロールは大きく関係があるものと考えられています。

お酒のお供に美味しい揚げ物たちには、やはりコレステロール値をあげる食品がたっぷりとあります。

美味しい食卓や酒場にコレステロール値をあげる食品たちは、成人病を気にしている方にも、甘い誘惑をしてくるものです。

そこでやはりそういった場所で、これらの食材と同時に摂ってほしいものが味噌です。

お味噌汁などの食品でも、野菜の味噌スティクでも構わないので、コレステロール値をあげる食事を摂る時には、必ず一緒に食べるようにしましょう。

近年、洋食化が進んでいる日本では、和食を食べる方の絶対数が減っており、コレステロール値をあげる食事がメインとなりつつあります。

そういった現代の流れからもわかる通り、コレステロール値をあげる食品よりも味噌のような食品は、普段摂る機会が減ってきてしまっています。

ですので、必ず呪文のように「コレステロール値をあげる食品を摂る時は味噌を同時に摂る」と覚えておくことをおすすめします。

これをすることで、体質改善はもちろん、健康的な身体も作ることが期待できます。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【美味しい発酵食品】トップへ