コーヒーとぬか漬けが大腸がんを予防する

 

4bbd8bc55ae5095a36cc16a2ca971f0fbec768831397643000

大腸がんの成長を弱める秘薬がコーヒーとぬか漬け

コーヒーとぬか漬けと聞くと、どうしても相性が悪く同時に食べる機会が少ない。

と、思われてしまうこれらの食材。

これらの食材は、実は同時に摂ることで大腸がんの成長を止める大きな効果が期待できます。

これは世界中の医療関係者の方々から注目を浴びているのです。

がん細胞を自ら死に至らせるアポトーシスという言葉。

大腸がんの異常細胞をアポトーシスにする研究を進めていったところ、ある結果が発表されました。

それは、ぬか漬けなどの発酵食品に含まれている栄養素とコーヒーに含まれている栄養素が大きな鍵を握っているというものです。

細かい情報は、研究中であるため、大きく公開されていません。

「ぬか漬けとコーヒーの組み合わせには、大腸がんの成長を弱める効果があるかもしれない」と言われています。

理由としては、コーヒーに含まれている、コーヒーエキスと発酵食品であるぬか漬けに含まれている酪酸塩が重要な鍵になっていると考えられています。

この効果は、現在の段階では研究中のため、確実なものではありません

しかしどちらも健康を作るのに良い栄養であることには違いありません。

毎日できるだけ摂ることがポイントになります。

また遠い存在であるように思われるコーヒーとぬか漬け。 しかし実は、共通点がある食材でもあります。

コーヒーとぬか漬けの類似点

仕事の時に気持ちを引き締めるためにも、ちょっとした息抜きのおやつの時間にも。

実はコーヒーとぬか漬けは、昔から多くの労働者たちのココロを癒す食材とされてきていた事は、ご存知ですか?

集中をしている時に、コーヒーがそういった場面で活躍するということは、多くの方が知っていることかと思われます。

しかし実は、ぬか漬けも田畑家での作業をする農家の方々や昔ながらの日本の文化に触れる仕事。

これらをする方々の中では、コーヒーの役割をぬか漬けがしていることもあります。

「ちょっと一息」の時間に、ぬか漬けの塩が効いた野菜たちは、労働の疲れを飛ばして活力に繋げてくれます。

このような効果は、コーヒーと変わらないものです。 これらのことを考えてみても、コーヒーとぬか漬けには、少なからず「類似する箇所」というものがあります。

健康のためにも、今後は疲れた時や休憩のひとときにコーヒーとぬか漬けを同時に摂ってみては、いかがでしょうか。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【美味しい発酵食品】トップへ