健康に良い醤油の選び方のポイント

醤油の選び方のポイントは生理活性物質

キッコーマン 卓上醤油

健康に良い醤油の選び方のポイントは、味や値段も大切です。

しかしもっとも重用ししなければいけないものが「生理活性物質」です。

生理活性物質とは、人間の生命活動には欠かす事ができない物質を作ってくれるものです。

具体的にビタミンやミネラル、アミノ酸、酸素などが生理活性物質によって作られるものです。

これらは、身体を作り出すエネルギーを作る効果や消化機能などを正常にコントロールする作用、免疫力を支える作用など様々な健康のためには、欠かす事ができない効果があります。

これらをしっかりと摂ることができる醤油というものは、美容面はもちろん老化防止、寿命を保ちのばす、健康や病気を避ける効果が期待できる酸化に抵抗する抗酸化作用があるのです。

抗酸化作用というものは、赤ワインやビタミンCなどにも含まれております。

しかし醤油には、これらの約10倍、ビタミンCの150倍もあることが発見されているのです。

よりこういった効果を発揮することができる醤油というものは、製造方法の違いによっても大きく異なります。

そのため醤油を選ぶ時には、しっかりと裏のラベルに記載されている製造方法も確認をする必要があります。

醤油の製造方法の選び方

醤油の選び方で最も大切な製造方法ですが主に3種類ほどあります。

「本醸造方式」「混合醸造方式」「混合方式」があります。

これらは、大豆と小麦から麹をつくり、そこに塩を加える醤油の制作方法の中でも、よく知られている諸味にして、さらに熟成をさせて生醤油にする、ポピュラーで伝統的な醤油の制作方法が本醸造方式なのです。

これは最もアミノ酸などが豊富に含まれているといわれており、美味しい醤油として摂ることができるといわれています。

できるかぎり、こういったタイプの製造方法の醤油を選ぶようにしましょう。

この他にも醤油の選び方には、原料などを確認する必要がありますがシンプルにまずは、こういった製造方法を見ることが良いでしょう。

醤油の選び方の中でもシンプルに簡単に健康な醤油を見つける事ができる選び方ですので、実践をしてみてください。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【美味しい発酵食品】トップへ