イカの塩辛の塩分濃度

高濃度塩分に気をつけたい塩辛

ikanoshiokara
イカの塩辛は、単純な塩漬けとは、製造工程が異なります。

一度発酵をさせて、うまみと栄養成分を高めるという手間が製造工程の中に含まれています。

そのため健康に良い栄養がたっぷりと含まれているのです。

しかし、天然素材のみで作られている塩辛以外は、多様な添加物や塩分が含まれています。

過剰摂取や食べ過ぎてしまうと、身体に良くない場合もあります。

また塩辛は、特に塩分濃度が濃く、少量でも塩分摂取量が多くなっている場合があります。

ですので気を使わずに、食べてしまうと気がつかない間に過剰な塩分を摂取してしまう可能性があります。

塩辛は、製品によって異なりますが、イカの塩辛の場合。

100gあたり7gくらいの塩分が含まれています。

イカの塩辛のように塩分があるからこそ、箸が進む食材ですと、あっという間の100gくらいの量は、摂ってしまいます。

しかし1日の塩分摂取量は、5gに抑えることが健康上理想とされています。

この平均的な数値からもわかる通り、あまり塩辛は、食べ過ぎないようにすることが好ましいのです。

また塩辛を多く摂ってしまった場合は、他の食事をなるべく塩分控えめなものにすることが理想です。
11どうしても食べてしまった後で、塩分が気になる場合。

水分やカリウムを摂取することで、体外に尿として排出を促進してくれます。

食べた後は、ケアとして水分とカリウムを摂取するようにしましょう。

そして食後にトマトジュースやキウイフルーツ、グレープフルーツなどの食材を摂ることも良いです。

これらの果物は、塩分を体外に排出させる効果が期待できます。

しっかりと摂り、アフターケアも行うようにしましょう。

塩分は摂り過ぎが健康を崩すことを忘れずに!

塩分は、摂りすぎることで高血圧、循環器疾患、喉頭がん、胃がん、消化器がんなど。

多くの病を発症しやすくなるといわれています。

またメタボリックシンドロームやセルライトなど太ってしまう原因にも繋がります。

こういったことを考えてもわかる通り、摂りすぎは不健康の原因に繋がります。

塩辛は、塩分を過剰摂取しやすい食材です。

適量や少量を摂ることは、身体にも良いです。

しかし摂りすぎは、危険です。

美味しく、お酒などと共にすることで箸が進んでしまうこともわかります。

ですが摂りすぎには、気をつけて適度に食べることをおすすめします。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【美味しい発酵食品】トップへ