イカの塩辛でアンチエイジング

kajiwarakonbu_b02-001

塩分が欲しい時こそアンチエイジングを兼ねたイカの塩辛!

夏場の汗が流れる時期はもちろん、疲れた時でも「塩分が欲しい」と思ったら、イカの塩辛がおすすめです。

イカの塩辛には、栄養素が豊富に含まれています。

また保存食としても、評価が高く、冷蔵庫に潜ませておくのにも良いです。

ちょっとしたおつまみはもちろん、食事のおかずにもぴったりなイカの塩辛。

このイカの塩からですが、実は栄養素が豊富に含まれています。

元々イカという食材は、低下ロリー高タンパクで、塩辛にすることでアミノ酸が豊富になります。

また塩辛にすることで、食材の栄養ドリンクといって良いほど、栄養が豊富なものになります。

他にもビタミンA、Eなどの栄養も詰まっています。

もちろんコラーゲンも豊富に含まれています。

このイカの塩辛ですが、実はアンチエイジングにも良いといわれています。

いつまでも若く、美しくいたい場合。

日々のアンチエイジングは、絶対に必要なものです。

アンチエイジングとは、細胞の再生。

加齢や日々の生活の中で分裂してしまった細胞は、シワやシミの原因に繋がります。

シミやシワ、たるみなどの老化現象の原因であるこれらの症状。

これは、アンチエイジングを重ねることで解消することができます。

イカの塩辛は、アンチエイジングに有効な酵母菌があります。

これは、日々の細胞分裂に似た変化を起こします。

そのため、この時にできるビタミンA、亜鉛、鉄分などの有効成分です。

こういったことからもわかる通り、イカの塩辛は、日々摂ることで確実に良い健康な身体を作ることができます。

イカの塩辛のアンチエイジング力を高める保存方法

イカの塩辛には、アンチエイジング力を高めることに適した保存方法があります。

それは、イカの塩辛を保存する時に砂糖をひとつまみ加えるというものです。

量は、耳かきひとかき分の量で良いです。

かなり少ない量を入れるだけで良いのです。

こうすることによって、酵母菌が増えます。

大体砂糖をいれてから5日後に酵母菌は、増えるといわれています。

また酵母菌による発酵によって、コラーゲンの吸収力が高くなります。

この吸収力もより効果的になるものです。

また食べる直前にレモンをたらすことも良いです。

こうすると、ビタミンCがより増えます。

アンチエイジングをより効果的にするためにも、こういった食べ方をするようにしましょう。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【美味しい発酵食品】トップへ