栄養満点なじゃがいもの塩辛

22161

じゃがいもの塩辛は栄養満点!

塩辛といえば、どうしてもイカの塩辛のイメージが強いものです。

しかし、近年栄養満点な塩辛レシピとして調べられているものがじゃがいもの塩辛です。

じゃがいもの塩辛は、とても美味しく子供やお年寄りでも気軽に食べることができることが特徴です。

このじゃがいもの塩辛ですが、ビタミンCが豊富に含まれています。

実は、ビタミンCが豊富に詰まった食材の代表である「みかん」と同じくらいじゃがいもの塩辛にもビタミンCが含まれているのです。

みかんと同じというと、驚かれる方も多いかと思います。

しかし実際に、じゃがいもの塩辛の栄養価を調べてみるとわかりますが、かなりの量のビタミンCが含まれているのです。

またじゃがいもは、でんぷんで守られていることもあり熱に強い食材です。

そのため火を通しても、ビタミンCがみかん同様に壊れることなく、保たれているのです。

通常の野菜は、火を通す事で、ビタミンが失われて行きます。

じゃがいもは、そういった心配もありません。

また効率良く食べることで、じゃがいもからビタミンCの補給も可能です。

ビタミンCは美肌予防やケア以外にも、風邪予防、肌荒れ、疲労回復などにも効果的です。

皮がついているものを摂れば、よりしっかりとビタミンを効率良く摂取できるのです。

またじゃがいもには、カリウムも豊富に含まれています。

カリウムは、日常的にあまり多くの量を摂ることができない栄養です。

しかしじゃがいもであれば、効率良く美味しく栄養を摂ることが可能となります。

カリウムには、塩分であるナトリウムの排出を手伝う働きがあります。

そのため、高血圧にも効果が期待できます。

もちろんセルライトなどの太る原因となるものを除去する効果も期待できます。

利尿作用も期待できるので、むくみも改善が期待できるでしょう。

こういった健康にもダイエットや美容にも効果的な栄養価を摂取できる、じゃがいもの塩辛。

効率良く栄養価を得るためにも、じゃがいものを塩辛を積極的に食べることをおすすめします。

じゃがいもの塩辛レシピ

じゃがいもの塩辛レシピは、とっても簡単です。

ふかしたじゃがいもの上に、イカの塩辛をのせるだけで完成です。

一品足りない時に、加えることも良いです。

もちろんおやつや小腹が空いた時に食べることも良いでしょう。

じゃがいもが主な材料ですので、満腹感もしっかりと得ることができます。

またじゃがいもの塩辛は、混ぜて食べるとさらに栄養をしっかりと摂ることができます。

そのまま食べることも良いですが、できるだけ混ぜて食べるようにしましょう。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【美味しい発酵食品】トップへ