アンチョビと健康の関係

imgres

アンチョビとは?

アンチョビとは、イワシ科の魚のことを指す言葉です。

またこれらの魚を塩蔵品にした食材のことをアンチョビといいます。

日本では特に、こういった食材を指す言葉として使われていることも多い、アンチョビ。

三枚におろして内蔵を取り除いた小魚を塩漬けにし、冷暗所で熟成、発酵加工をする製造工程。

これが主なアンチョビの作り方となっています。

またオリーブオイルを加えて、缶詰や瓶詰めにする手法もあります。

これらの手法は、イタリアやスペイン、モロッコでの生産をされる時に多く使われます。

缶詰のアンチョビは、ペースト状にされてチューブになっているものや、そのまま身肉となっているもの。

巻かれているロールタイプのものなどが売られています。

気軽にアンチョビは、購入をすることができ、比較的値段も手頃なものが多いことが特徴です。

ヨーロッパでは、伝統料理としてよく用いられることがあります。

これらのアンチョビですが、主な調理方法は、パスタやピザ、サラダなどがあります。

日本では、あまり親しまれていませんがパンにのせて食べる方法などもあります。

このアンチョビですが、実はとても栄養価が高い食材としても注目されています。

そのため、アンチョビを食卓に並べることで健康を作ることもできると考えられています。

アンチョビで健康が作れる理由

アンチョビがなぜ、健康な身体を作ることができるといわれているのか。

アンチョビは、製造工程でオリーブオイルやいわし、塩が使われています。

これらが健康を作ることができる食材となっているため、アンチョビが健康に良いといわれているのです。

アンチョビによっては、製造工程で利用するオリーブオイルなどの種類が高級なものがあります。

高級なオリーブオイルは、とても美容や健康に良いとされており、摂るだけで美しく元気になるともいわれています。

こういったものを利用しているアンチョビを購入すれば、食べるだけで健康な身体作りが期待できます。

またアンチョビに使われるいわしには、豊富な栄養が含まれています。

これを発酵させているので、より良い栄養価が詰まっているといえるでしょう。

以上のようなものが理由となり、アンチョビは健康に良いといわれているのです。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【美味しい発酵食品】トップへ