ワインビネガーにはポリフェノールが豊富に含まれている

26日

ワインビネガーに含まれるポリフェノール

ワインビネガーの原材料は赤ワイン。

ぶどうを丸ごと絞り、作る赤ワインを原料とするワインビネガーには、豊富なポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールとは、動物には存在しない植物特有の生体成分です。

これはフラボノール、イソフラボン、アントシアニンなどの物質の総称。

植物が自らの生命を守るため生体防御物質ですので、とても強いものとなっています。

このポリフェノールですが人間のカラダにもとても良い健康を招いてくれるものとなっています。

抗酸化作用があるため、体内の酸化を抑制し、活性化酸素の働きを抑える作用を期待することができるのです。

これはストレスや不規則な生活、紫外線などで受けたダメージを生成される効果が期待できます。

とはいえ、必要以上に生成されてしまった活性酸素は、強い酸化力と殺菌力で消化されてしまいます。

細胞を傷つける原因にもなる場合があります。

ですので、摂りすぎには気をつけなければいけないのです。

また癌や動脈硬化などの病気を招く原因にも繋がります。

絶対に摂り過ぎないように気をつけることが大切です。

しかし考えすぎて摂らなさすぎてしまうと、返って健康には悪い状況に繋がります。

適量を日々の生活の中で摂ることが大切です。

大体の摂取目安量は、100ー250g。

この量は、意外と摂ることが難しい量です。

ですのでワインビネガーのように適量を摂りやすい調味料を使ってみることをおすすめします。

ワインビネガーから得ることができるポリフェノールは、細胞の老化を抑える効果があります。

若返りにも良いと考えられていますので、美容を目的としてワインビネガーを摂ることも良いでしょう。

ワインビネガーとポリフェノールの注意点

ワインビネガーに含まれているポリフェノールはもちろん。

一般的にポリフェノールは、一度に大量摂取をしても3時間程で抗酸化力が失われるため、カラダに蓄積されにくいといわれています。

できるだけ一気に大量のワインビネガーを摂るのではなく、日々の生活の中の献立にワインビネガーを取り入れることがポイントです。

毎日の食卓にワインビネガーを使った料理を一品加えてみるだけで、カラダに蓄積しやすい状態に繋がります。

しっかりとワインビネガーを毎日の生活の中で摂ることができるようにしていきましょう。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【美味しい発酵食品】トップへ