醤油が健康に悪いは嘘

醤油は健康に良い食材

url

近年、多くの人が健康志向を強く持つ傾向にあることから食品や食材に対して、間違えた知識を身につけてしまっていることが目立ちます。

この間違えた知識の中でも、最も多くの人が間違えていると考えられることが「醤油は健康に悪い」という知識です。

醤油は、味が濃いことから塩分濃度が濃いイメージが強く、「食べているだけで身体がむくんでしまいそう」「肝臓に負担がかかりそう」などと悪いイメージをもたれがちです。

また醤油を過剰に摂取することで、肥満や健康を悪くしてしまう以外にも精神状況も不安定になるなどと間違えた知識や噂が出回っています。

しかし実際には、醤油には血圧を下げる効果、糖尿病やがんを予防する効果など健康を期待することができる効果があるのです。

また身体の細胞を作る、免疫力を支える、酸素やホルモンの働きを助ける、廊下を防止するなどの効果も期待できます。

もちろん精神状態を悪くされるということもなく、逆に各器官の機能を正常にコントロールする効果もあるため、良い状態を作ることもできるでしょう。

以上のようなことからもわかる通り、醤油には健康に悪いことよりも良いことの方が多いのです。

醤油で健康を害する可能性

とはいえ、醤油が健康を害さない可能性がゼロというわけではありません。

しっかりと醤油は健康に、適した調理方法や使用用途を行うことができなければ、返って身体に悪くなってしまうこともあります。

例えば醤油の一日の目安摂取量を大幅に超える摂取は、言わずとも身体には悪影響です。

また醤油を選ぶ時にも、製造方法、等級、原料、成分なども選ぶ基準として頭に入れておくようにしましょう。

特に何も考えずに醤油を選ぶことは、多いかと思いますが、醤油はものによって大きく健康に良い成分なども変わってきます。

しっかりと醤油を選ぶ時には、裏のラベルを確認して、どういったものなのかを確認するようにしましょう。

細かいことではありますが、健康に良い醤油を選ぶためにも、必ず裏のラベルまで確認をすることをおすすめします。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【美味しい発酵食品】トップへ