ワインビネガーは血糖値の上昇を抑える!

1日

毎日の1杯が血糖値上昇を抑える

食事の時にお酢を飲むことは、食後の血糖値を抑えることに適しているといわれています。

そのため高価な健康食品を購入して摂らないでも、食前に酢を飲むだけで健康を作る事ができるのです。

また飲む事に適していると考えられているものは、代表にワインビネガーがあります。

ワインビネガーは、リンゴ酢などと並び安上がりで健康に良く、毎日続けることに適したお酢とされています。

日本ではあまりワインビネガーは、親しまれていないため、味などの想像がつかない方も多いかと思います。

このワインビネガーですが、飲み心地はとても良く美味しい味わいを楽しむことができるお酢となっています。

そのため穀物酢や黒酢などとは違い、お酢特有のすっぱさなどもなく楽しむことができます。

もちろん調理などにも美味しく使うことができます。

イタリア料理やフランス料理はもちろん、アレンジの仕方によっては和食にも使えます。

美味しく楽しく使う事ができるワインビネガーは、とても便利です。

ワインビネガーが血糖値を下げる事ができる理由

ワインビネガーが血糖値を抑えることができる理由は、酢の有効成分酢酸が大きく関係をしています。

酢酸は、小腸での2糖類分解酸素の作用を抑える効果があります。

お米などのでんぷんは、ブドウ糖が長く大量に繋がりできたものです。

これを胃腸の中で小さなブロックにわけて、最後にはブドウ糖2個の麦芽糖から2糖類分解酸素によってブドウ糖単体になります。

そして吸収されるのです。

この時に、ワインビネガーなどのお酢をカラダにいれておくこおで、2糖類分解酸素の働きを妨害することでブドウ糖の分解を抑えることができるのです。

食前に摂っておけば、食後の血糖値上昇をゆるやかにすることができます。

このような効果を得るためにも、食前にはワインビネガーを摂り血糖値の上昇を抑えるようにしましょう。

食前のたった一杯が、健康なカラダのための大きな第一歩に繋がります。

糖尿病などの危険性が高い病を避けるためにも、常に血糖値の上昇を抑えるためにも、食前にお酢を飲むクセをつけましょう。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【美味しい発酵食品】トップへ