豆板醤の賞味期限と健康成分

16日

豆板醤の賞味期限

調味料を購入する時は、食材の購入をする時よりも賞味期限のチェックがゆるくなりがちなものです。

実際に豆板醤を購入する時も大半の方が賞味期限をあまり気にせずに購入するかと思います。

豆板醤の場合、瓶類にいれて販売されていることが多いものです。

そのため瓶のふたに賞味期限が書かれていることが多いですが、大体1年後の日付が書いてあるかと思います。

この賞味期限ですが、これは大半が開封をしなかった状態での賞味期限となっています。

そのため豆板醤を使いはじめたら賞味期限は、保存方法によっては変わるのです。

と、いうのも豆板醤は冷蔵保存が必要な調味料です。

冷蔵保存で10度以下の保存が好ましいものとなっています。

これを守ることができれば3ヶ月から1年は、期限が持つといわれています。

しかし使いさしや濡れたスプーン、箸などを使ってしまった場合。

カビが発生する、変色、乾燥など。

賞味期限以内や開封後間もない状況であっても食べることができなくなります。

なるべく早い段階で食べることができるようにしていきましょう。

開封後の豆板醤は栄養が落ちる?

豆板醤は、賞味期限以内であっても冷蔵保存をしていた場合でも。

どのような状況でも、やはり開封後はじめての利用から徐々に空気に触れてしまい栄養価が落ちてしまいます。

栄養価が落ちてしまった豆板醤は、時間が経てば経つ程に、うまみも栄養も落ちます。

なるべく開封後は、早い使用を心がけて使うことをおすすめします。

使い道などに悩んでしまった場合。

中華などの豆板醤をたくさん使う料理をすることをおすすめします。

大量消費のしすぎは良くありませんが、適度なペースで減らすことができるようにしていきましょう。

また開封後に急いで、大量消費を目的として生野菜などにたっぷりと付けることは避けましょう。

大量摂取は、健康を害する可能性や塩分過多、味覚の崩壊などの可能性があります。

何事も適量を摂ることが大切ということを忘れずに守りましょう。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【美味しい発酵食品】トップへ